Zローションは安全?副作用危険度と成分効果を徹底解析しました!

今回はZローションの副作用について紹介します。

 

Zローションに使われている全成分の副作用危険度や期待できる効果について一覧でまとめてみました。

 

結論から言うとZローションは安全性の高い抑毛ローションですが、どんな成分が使われているか気になっている人はこの記事をしっかり確認してみて下さいね!

 

 

成分名 副作用危険度 効果
ウコン根 抗酸化作用、抗炎症作用があり、女性ホルモンと同じような働きをします。
キンギンカ花 スイカズラの花のつぼみを乾燥させて作られます。漢方薬として皮膚疾患に用いられています。
エタノール 肌を引き締める効果や、成分が肌に浸透するのを助ける作用があります。
グリセリン 高い保湿効果があります。
ジグリセリン グリセリン同様、しっとり感を得るために使用されています。
BG 肌を保湿するのと同時に、防腐効果もあります。
カルボマー 増粘剤であり、製品の品質を安定させます。
PEG60-水添ヒマシ油 非イオン性の界面活性剤の一種です。
フェノキシエタノール 雑菌が容器の中に入っても増殖を防ぐので、防腐剤として化粧品の品質を守ってくれます。
メチルパラベン 抗菌効果・防腐効果があります。
水酸化K pH調整剤として配合されています。
メントール 清涼感を与えます。肌を引き締めます。
グリチルリチン酸2K 甘草の根に含まれる成分であり、肌荒れやニキビケアに効果的です。
マンニトール 爽快感が得られる成分です。
スペアミント油 爽快な香りでリフレッシュできます。集中力を高めます。
黒砂糖エキス 肌の乾燥やかゆみ、シミやしわに効果があります。
カンゾウ根エキス 美白成分としても知られています。炎症やアレルギーを改善する作用もあります。
加水分解酵母エキス 皮膚の細胞を修復し、保湿や美白にも力を発揮します。
グリシルヒザインフラタ根エキス 皮膚の状態を整える成分です。
ヨクイニン いぼに効くことで知られています。肌のターンオーバーを正常に整えます。
シソ葉エキス 炎症やアレルギーを抑えたり、防腐剤としての役割を果たしたり、色素沈着を抑制したりとその効果は多岐にわたります。
オイスターエキス 疲労を回復し、ストレスを改善します。
キウイエキス 保湿力があり、美白にも効果的です。
ローズマリー葉エキス 炎症を抑える、酸化を抑える、肌を収れんするといった効果があります。
レモン果実エキス 保湿作用・収れん作用があります。
オランダガラシエキス 血流を良くすることで細胞を健康にします。
ゴボウ根エキス 血行を良くします。肌を保湿します。
セージ葉エキス 炎症や酸化を抑えます。よって抗老化作用があります。また、抗菌作用にも優れています。
サボンソウ葉エキスセイ 洗浄成分として配合されることが多いです。
ヨウキズタ葉/茎エキス 炎症を抑えます。抗菌作用があります。

 

副作用危険度:当サイトの基準で判定しています。

 

Zローションに含まれている成分を副作用の危険度とともに一覧でまとめてみました。一覧表を見ればわかると思いますが、Zローションには副作用危険度の高い成分は一切使われていません。

 

中でも、ダイズやザクロをはじめとする濃いひげの原因となる5αリダクターゼを阻害するための成分が配合されていますので、頑固な髭にも確実な効果を期待できそうです。

 

5αリダクターゼの効果については水曜日のダウンタウンに出演したこともある丸山院長も注目と言うことなので、その効果はもはやお墨付きですね!

 

ごわごわ髭にお悩みの方には、強い味方になってくれること、間違いなしだと思います!

 

ただしZローションは人気の商品なので在庫が少なくなっているようですから、もし試してみたいと思った場合はお早めに以下の公式サイトから注文されることをおすすめします…!